保険のビュッフェで保険を見直しする事で家計にとって3つのメリットが

評判が良い保険のビュッフェで保険を見直しする事がおすすめ

2016年の秋にそけいヘルニアになり、緊急入院しました。

全身麻酔で開腹手術をし、合計6日間の入院生活を送りました。

ゆうちょの簡易保険の入院特約に入っていたのですが、契約したのがずいぶん昔だったので、入院して5日目以降しか保険金を受け取れないということだったので、入院生活が5日を過ぎて内心しめたと思いました。

入院中は時間があったのでできることをしようと、病院内の事務局に赴いて保険金の請求手続きについて準備するべき書類についてききました。

保険金を請求するにあたってどのような書類が必要になるかは、加入している保険会社によってさまざまなので一概には言えないと言われました。

そこで郵便局に電話をして問い合わせました。

ゆうちょの場合は、郵便局に行って既定の書式の診断書をもらってきてそれを病院に持ってきて記入を依頼し(書いてもらうのには料金がかかる)、それを再度郵便局に持参して提出することで保険金の請求ができると教えてもらえました。

なお電話で手術の内容を聞かれたのでそけいヘルニアだと伝えるとそれなら保険料は支払われるとのことで嬉しく思いました。

そして退院したら診断書の用紙をもらいに郵便局へ行こうと思っていたのですが、その後思ってない運びになりました。

退院時に妻が「職場に入院していたと証明することが必要だろうから診断書を書いてもらう」とのことで、有料で医師に診断書を書いてもらったのです。

そして郵便局へ行って診断書の用紙をもらおうとしたところ、手術の内容がわかる物がありますかと聞かれました。

そこでたまたま妻がもらっていた診断書を見せると、その診断書があればそれだけで保険金の請求ができるかもしれないというのです。

ただし保険金が下りるかどうか断言はできないというので、前に電話では保険金はもらえると聞かれされていたものですから、申請書類の不備のためにもらえなくなるのは嫌なので、既定の用紙をもらえたらそれを病院で記入してもらって再度持参すると伝えたのです。

それでも郵便局の窓口の人は「保険金が下りるか下りないかには書類の様式は関係ない」と言うので、保険金がもらえなかったら残念だなと思いつつも手持ちの診断書だけで申請することになりました。

その結果は支払ってもらえました。

後から思えば、郵便局の人は保険金が下りることはわかってはいても書類が正式なものではなかったために、それで下りるということを断言できるという立場になかったのだろうと想像されます。

そして二度病院に足を運んだり、有料の診断書を再度もらったりしないで済むように、心を砕いてくれたのだと後からわかりました。
それにしてももらえると断言されていた保険金がもらえないかもしれないと聞かされて内心穏やかではなかったのですが結果よければすべてよしとしたいと思います。

なおゆうちょの契約内容を書いた書面には入院日数に応じた保険金のことだけ書かれているのですが、日数に関係なく手術したこと自体に対する保険金がもらえてしかも金額もそちらの方が大きかったのでそれはうれしい誤算でした。

そもそも子供に医療保険の加入は必要か否か

まだ小さな子供がいるご家庭では、子供がもし病気や怪我をした時に備えて保険に加入しておこうと考えたことも一度はあるでしょう。
我が家でも、たまにその事は考えるのですが、これまでいつも、まだ加入は必要ないかなという結論に至ります。

毎回かなり入るべきか否かと考えるのです。

ほとんどの場合、子どもの医療保険は月々1000円程度の手頃な掛け金で、子どもの通院入院の場合に1日3000円、5000円もらえるとかで、子どもがお店の物を壊してしまったり人に怪我を負わせてしまった場合に出る損害賠償は100万円まで補償という感じです。

それはもちろん、いざという時のために入るのが保険だから、月に1000円程度ならもしもの安心の為に加入しておこうかなと考えもします。
でも、とりあえず子ども医療費って今の時代は地域にもよるけどほとんどの場合は助成があって、今の私の住む地域では中学卒業までの子どもの医療費は無料です。

これだけ手厚い自治体の助成があるなら、子どもに民間の医療保険なんていらない気がしてしまいますよね。

私自身、今までに子どもを病院に連れて行って窓口でお金を支払った記憶なんて、任意の予防接種の時くらいのものなのです。

任意の予防接種は高いけど、保険に加入したってそこは関係ないので仕方ないです。

そうなるともし万が一子どもが入院となってしまった場合くらいしか子どもの医療保険にはお世話にならないかなと思うのです。

まあ子どもの入院というのは意外にある事だし、周りでも入院した事のあるお子さんは聞きます。

保険のビュッフェで相談をするのも効果的でしょう。

主人も内容にも満足してくれ、夫婦でしっかりと子供の将来の事も考えた結果、ファイナンシャルプランナーさんが提案してくれた保険に入る事にしました。

ファイナンシャルプランナーさんに電話をすると、『せっかくなので、次はご主人も一緒にどうですか?』と言われました。

主人も話を聞いてみたいという事だったので、会社が休みの日曜日にファイナンシャルプランナーさんに自宅に来てもらう事にしました。

出典:保険のビュッフェの評判

このように、保険の問題は、ファイナンシャルプランナーに相談するのが一番ですし、保険のビュッフェがおすすめです。

その場合、入院中の食事代と差額ベッド代、自身の病院までの通院費は自腹となるのでもちろん大変は大変です。

それに、保険に加入するのは病気になってからでは出来ないというのも気にはなります。

早く保険に加入しておけば、保険に入れないなんて事にならなかったのにと思うこともあるかもしれません。

けれど、それは稀な例だし、もしお子さんが重い病にかかってしまったのだとしてもその場合には対応する制度があって保護者の所得額に応じた自己負担額が決まってそれを上回る額は補助されます。

そのため結局は自分の負担は一定の額に抑えられます。

そうした事を考えると、もちろん急な入院などといういざという時の為にはある程度まとまった額を準備しておきたいけれど、子ども医療保険に加入してまで備えておく必要は特にないと言っても良いのではないかと思います。

やんちゃな子どもが一人歩きするような年齢になるとしたら、自動車保険や火災保険にも損害賠償

責任補償を付加することが出来るので、それを理由に別で子ども医療保険に加入しなくても済むでしょう。

我流お肌の手入れをする方法!いつでもキレイに美しく!

もともと美容関係の記事は好きでよく読んでいましたが、なにせ結婚してからは先立つものがなく・・・プチプラの基礎化粧品を使っていました。
そうは言っても40代を迎え、肌のくすみも気になってきたころ、音波洗顔ブラシがどうしても欲しくなりました。そうはいっても2万円近くする品。どうしようかと迷っていたら、なんとオークション商品で見つけてしまったのです!未使用品を5000円ほどで落札し、ホクホクして到着を待ちました。無事到着し、初めての使用前に充電をしました。1日たっても充電完了しません。2日たっても充電完了しません。サポートセンターに電話すると、保証期間対象外とのこと。電池パックの交換は受け付けてないとのこと。浴室内でも使える防水商品なので、防水機能がなくなってしまうのを防ぐためだそうです・・・。
安物買いの銭失いとは正にこのこと・・・と反省しましたが、ますますどうしても欲しくなり、定価で購入いたしました。
しかし、なにしろこれが調子よく、アゴがつるつるになり、鼻の毛穴のつまりが取れ、プチプラ化粧品もグングン吸い込みます!朝晩と日に2回の使用もOKとはありましたが、私は、夜のみの使用。音波で汚れを浮かせるので、クレンジング剤も不要になりました。
洗いすぎを防ぐため、20秒2回と10秒2回にブザーがなり、顔全体で1分間のみ作動します。
この音波洗顔ブラシ、本来は顔のみの使用で、デコルテ用は別のブラシが用意されていますが、私は、たまにデコルテも洗っています。ブラシは2ヶ月ほどで交換するので、交換前には、かかともこすっちゃいます!
さて、このような念入り洗顔の後は、プチプラ化粧水、美容液を叩き込み、最後の仕上げは、これまた究極のプチプラのクリームを使っています。これは、子どもが軽いアトピーのため、皮膚科で処方されている保湿剤のクリーム。こちらをマッサージクリームとして利用し、顔のマッサージを行っています。
我流のマッサージはしわの元と避けていた時期もありましたが、やはりリンパの流れに沿ってマッサージすると顔色が明るくなるので、なるべくやるようにしています。一応、基本は、田中宥久子さんの造顔マッサージ。ずいぶんと適当にやっていますが、顔が凝っているのがわかります。
夏場のベタベタする時期は、プチプラの乳液でマッサージすることもあるけれど、やっぱり保湿を考えるとクリームの方がよいみたいです。
以上、プチプラ使用でも、どうにか頑張るをモットーに、お金がなければ手をかけていきたいです。

お洒落な優秀美容コスメを選んだよ!きらきら女子必見!

私は敏感肌とTゾーンのみオイリー肌という混合肌の持ち主です。Tゾーン以外の部分は、だいたいいつも粉を吹くぐらいの乾燥をしていました。なので化粧のりは良いとは言えませんでした。
私は先月、この万年悩みだった肌トラブルを解消することのできる化粧品と出会いました。
それはここ近年流行っているオーストラリア発祥のブランド「Aesop」(イソップ)です。おそらく芸能人や友人のインスタグラムやブログでも一回は見たことがあると思います。
家の近所のデパートに実店舗ができたので、少し流行に乗り遅れたと思いながらも試しに行って見ました。お店に入った瞬間の自分を包み込むアロマの香りが全身に癒しを感じました。柑橘系のアロマを使用していて、もちろんお店にて販売しているようです。
そしてアドバイザーの方に私の肌の悩みと状態を見てもらい、どれが合うか選んでもらいました。
最初に試すということでサンプルを三日分もらいました。
他の洗顔、化粧水は少し私に刺激が強かったようで、肌にしみる痛みがあったので使用を中止しましたが、乳液となる保湿クリームの「FBarrier Cream」(フェイシャルバリアクリーム53)は、肌に刺激がなく、さらにリフレッシュするアロマの香りがしたので、お手入れをしながらリラックスできる、一石二鳥のアイテムです。
肝心の効果ですが、次の日の朝に、ただ水で顔を洗った時の肌の質が非常にもっちりしていて気持ちがいいぐらいでした。しっかりと前日にクリームが保湿をしてくれたおかげで、頬の皮膚の皮が剥けてしまうことも無くなりましたし、Tゾーンの皮脂が多い部分も保湿が足りなくて逆に脂分が出ていたのかもしれません。このクリームを塗るようになってからは、化粧がよれて鼻の頭がテカることがなくなりました。なので過度な化粧直しが要らなくなったのは嬉しいことです。
正直、コスパは良くありません。クリームは普通よりもいい値段がします。ただずっと悩みだった肌トラブルが解消できたことには間違いないので、今後も続けていきます。
後々知りましたが、モデルの間でも流行っていて、”Aesopといえばこのバリアクリーム”というぐらい人気だそうです。
何と言っても見た目のパッケージがオシャレで、いつものメイク道具などを置いているところにプラスするだけで、インテリアのように映えます。オシャレな人のインスタグラムでは、よく写真を撮ってアップしているのを見かけます。
見た目からもテンションが上がるので、全種類をAesopで揃えた人もいるみたいです。
私も。すでにもう虜なので、次は何を買おうかなといつも特に用事がなくてもお店に足を運ぶことが増えました。いつ行っても大好きなアロマの香りが迎えてくれるので癒されます。

お肌のために気をつけていること~かわいい私でいる為に

お肌を綺麗に保つために、洗顔にはすごく気を使っています。

しっかりと汚れを落とすことはすごく大事なことです。
お肌に汚れがたまっていると、様々なお肌のトラブルを起こしてしまいます。
お肌のトラブルを引き起こさないようにするためにも、メイクをしたまま寝たりするのは避けるようにします。

また、落とせばいいというものでもなく、余分な油分や汚れを落とすことはすごくいいことなのですが、それと一緒に必要な油分を落としてしまうことは避けなければいけません。

お肌にとって必要な油分を落としてしまうと、お肌の感想の原因となってしまいます。
お肌が乾燥してしまうと、しわやたるみなどのお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。
また、お肌の老化が加速してしまうとも言われているので、程よく汚れを落とすことが大事だとされています。

洗顔をする際にも、お肌にあった洗顔フォームを使い、あわ立てネットなどを使ってよく泡立てます。
洗うときにも、ゴシゴシと洗うのではなく、包み込むようにして洗います。
キメの細かな泡で洗うことによって、泡がクッションの作用をしてくれて、摩擦を与えないようにするといわれています。
お肌を摩擦しないように洗うことがすごく大事だと言われているのです。

洗顔後のお肌には、ちゃんと保湿をすることも大事です。
スキンケア化粧品を選ぶときには、お肌の調子に合わせて選びます。

香料や着色料を含まないタイプのものを選ぶようにしています。
つけるときにも、こすらずにおさえるようにしてつけ、摩擦をしないように気をつけます。
夏になると、べたつくのがいやだと言う理由から、化粧水だけで終わらせてしまう人もいますが、夏こそしっかりと保湿をすることによって、お肌の感想をしっかりと防いでくれるのです。

化粧水と乳液は、年中しっかりと行うようにします。
さらに冬には、化粧水と乳液のほかにも、保湿クリームをぬって、乾燥しないようにケアをします。

そして、お肌の血行をよくするために、マッサージをしながら化粧水や乳液をつけるのも効果的です。
マッサージをするときにも、摩擦を強くしないように、優しくマッサージをします。
特に目元はマッサージをすることによって、血行がよくなり、くすみで悩んでいる人にはすごく効果的だといわれています。

目元の血行を良くするために、温かいタオルを目元に当てるのも、お金がかからない美容方法としてもすごくオススメです。

目元のすくみがなくなるだけでも、若返って見えるのです。

プチプラで美肌になる為に私たちがしたい事とその対策について

私は昔から敏感肌で、万年肌荒れをしていました。
さらには、化粧品は何を使ってもなかなか自分の肌に合うものがなく、いつも困っていました。
どうしたら自分肌の調子が良くなるのかと、試行錯誤した結果、一番調子の良くなった私なりのお肌のための美容法をご紹介します
まず私の場合は、普段の洗顔後に、絶対に顔を拭きません。
どういうこと?ってなりますよね。肌に無駄な刺激や負担を与えたくないので、タオルで擦るという工程をやめました。押さえるように拭きとるのもいいかもしれませんが、どうしても癖で擦ってしまうのでいっその事やめてしまうという結果になりました。擦る事をやめてからは、タオルの繊維などで肌にダメージを与えることが全く無くなったので、顔の皮膚がたまにカサつき皮が剥けていた部分が正常に戻りました。また、不定期に額にできていた吹き出物が出なくなったことが非常に嬉しかったです。
余談ですが、某テレビ番組の特集で、20代の若い女性の方が見た目はとても美しいのに、肌のシミなどを写すチェックで、一番肌年齢が低かったという結果を見ました。
その方の原因は、肌の表面に残ったタオルの繊維で摩擦によるものだと専門医にコメントされていました。それを思い出し、やはり肌への刺激をなくすことは大事だと思いました。

話が少し外れましたが、さて顔の表面の水分が少し引いたら次のステップに移ります。
敏感肌の中でも私は乾燥が原因の肌荒れでしたので、化粧水をたっぷりつけるという事を始めました。それは毎朝晩の洗顔後に、たっぷりの化粧水を30回以上コットンを使用してつけるという作業です。
特に高い美顔器を買うわけでもなく、とてもシンプルな方法なので誰でも簡単にできる美容法です。保湿をする事で肌の水分量は前と比べて断然上がりました。そして
色々試した結果、”ちふれ化粧品”のベーシックシリーズの化粧水が一番肌に合いました。皆さんも昔から目にしたり聞いた事がる人も多いと思います。こちらのブランドは約50年以上も愛用者の会員の方達に支えられ、長く愛されているブランドですので、信用のできる企業です。
しかも無駄なくシンプルな成分で作ることでコストを抑え、化粧水などのベーシックラインは、ほとんどのアイテムが一本千円もしないので、とてもお手頃です。
ですから、どんなに化粧水をパシャパシャ使っても惜しみなく使えます。その後にはちふれの美容液を使いさらに美白効果をプラスします。そして最後にしっとりの乳液で肌に入れ込んだ化粧水が残るように蓋をするようにします。
これだけの簡単な手順なので、今日からでもすぐに取り込めます。そして”ちふれ化粧品”シリーズをぜひ使ってみてください。たとえ肌に合わなくても諦めのつく値段なのも助かります。
私のプチプラで手に入れる美肌美容法のご紹介でした。